2011年9月29日木曜日

チンセラットで黒マリアとババマリアを発見する

みなさん、
チンセラット知ってますかーーー?
まきちゃん○2歳はスペインに来たことがあり、
チンセラットも体験済み。

「行ったらなんでチンセラットかわかるで~~~~!!」
というので、
電車で1時間、
ロープウェイにのって、行ってみました。



















行ってみると、
わかりました。
その名の由来。



















そびえたつ岩岩が、ち○このようだかららしいです。
たくましいち○こがたくさん!

※正しくは「モンセラット」です

このモンセラット、
昔、スペインがイスラムに支配されていた時に、
この崖の上のモンセラットに、隠れキリシタン達がいたようです。

こーんな崖の上に、
カテドラルがあります



















このモンセラットには、黒いマリア像があるのですが、
それに触れるために、すんごい長蛇の列!!!
たぶん2,3時間コースなので、
どうしようか迷っていると、
カメラの望遠機能で黒マリア確認。
そそくさと帰ってきましたーー

これ黒マリア




























これババマリア





















そうして、
午後は闘牛へ!!
思ったより安かったですーー

しかし、
この闘牛、動物愛護団体から苦情が殺到しているらしく、
(伝統なんだからいいじゃーーんと思いますが・・・)
どんなもんかなーーと見てみると・・・
あんまり見ていて気持ちのいいものではなかったですーーー
みんな
あまりの衝撃に、目がテンでしたーー
お腹いっぱいーーー

闘牛の流れ

まず闘牛は2チームにわかれて試合をするらしく、交互に3回ずつの計6回。
つまり1日6頭の牛が殺されるのです。

1.登場



















2.牛vs人間3人
牛を興奮させ、弱点や習性を見極めるらしい



















3.牛vs馬
牛の急所に槍を刺す!



















4.牛vs人間
2つの短い槍を計3回、またもや急所に突き刺す!!





















5.真実の瞬間
マタドールの見せ場!
うまい人はひらりと牛をかわす。
さいごに
包丁みたいなのを、頭に刺して終了。
1発で殺せたら、すごいらしい・・・
何度も刺されてかわいそうな牛もたくさん



















6.牛退場
馬に引きずられて競技場をあとにします



















7.すぐさま解体




























いやーー、感想は、
こりゃ批判もあるわなーー
です。
日本のテレビとか
赤いやつ持って
ひらひら~~
ってとこしか見たことなかったからなーーー
今回真実を知りましたーー

その後ご飯は
肉以外にしよう、と珍しく全員意見が一致したため、
スペイン料理の店へ。





















残念ながら、パエリア、ピザまずかった~~~~

しかーし、目の前は
サクラダさん!!




























きれいだった~~~

続く

0 件のコメント:

コメントを投稿