2010年11月7日日曜日

らぞく

ニッポンにいる時、
日常生活は基本裸族だった俺。

帰宅したら服を脱ぐ。
飯食う時も、洗濯する時も
裸じゃないと落ち着かない。

寝る時なんて裸以外考えられない。
夏はクーラーガンガンで素っ裸で毛布にくるまる快感。
冬は暖房ポカポカで素っ裸で大の字になって寝る心地よさ。

しかしセネガルに来て、
パンツを脱ぐことはできなくなった。

洗濯(もちろん手洗い)をしていると、
ち○こ周辺に蚊がブンブン飛んでる。
ご飯を食べていると、
ち○こ周辺にアリが行列。

男のプライドにかけてち○こだけは刺されたくない。

そして家の中で唯一虫がいない場所、
蚊帳をはっているベッドの中だけが
俺の落ち着く場所だった。

しかし最近、
そのベッドの中でさえ裸にはなれません。
なぜなら、寒いから。

ここアフリカで寒いってどゆこと!?
ですが、ここ最近、朝晩寒すぎ。
日中は暑いけど。
ちゃんと服を着て、バスタオル2枚かぶって寝ております。

本当に寒いので一度温度計をベッドに持ち込み寝てみることに。
寒くて朝起きて温度計を見ると、
「27℃」

日本におる時は27℃なんて汗だらっだら。
俺汗っかき。

自分の体がかわっていく。
セネガル5カ月目にしてこの異変。
寂しい気持ちと、嬉しい気持ちが入り混じっております。



話は変わるが、
セネガルに来る前のアフリカのイメージは、
裸族が草原で「ウッホウッホ」言いながら
杖みたいなのをついてるイメージ。

しかし実際に来てみると、
首都は高層ビル、レストラン。
任地は汚いけども大きい町。

俺のイメージとは程遠い世界。
しかしつい先日、やっと見つけました。裸族を。
いや、全裸おばちゃん。

交通量ハンパない道沿いに、
全裸で座り込んでるおばちゃん。
ここセネガルは自由の国です。

基本的に女性は
お○ぱいを見せることには抵抗はないもよう。
おばちゃん方は布かぶっただけのような服着て
横からお○ぱい丸出し、
農作業してるおばちゃんは上裸。
若い女性もお風呂上がりは上何も着てないまま家の中歩いてたり。

男性に聞くと、
女性のセクシーポイントは「脇」らしい。
毛生えてるのに。
こっちの人、腋毛絶対剃らない。ボーボー。いや、チリチリでボーボー。

いやー文化の違いってすごいですな。

1 件のコメント:

  1. 体の適応能力ってすごいね!
    27℃で寒いとか考えられん!
    脇がセクシーポイントってウケる~
    日本だったら胸の大きさとか形とかで好みがあるじゃん?
    脇だったら、どういう好みがあるんかね!
    毛のチリチリ具合とか?笑

    返信削除